クルマの進化により消えつつある装備7つ 手引きのサイドブレーキなど

経済
予定日:2020年7月31日(金)10:00
アナログ装備は徐々に新しいものへと変わりつつある  クルマの進化は、装備の進化でもある。「装備が充実」という言葉を繰り返し、日々進化を遂げているというわけだ。装備が進化するということは、新しいものが出てくるのに代わって消えていくものもある。今回は消えつつあるクルマの装備を見てみよう。 1)フェンダーミラー  ドアミラーだと助手席にお客さんを乗せたとき、確認時に横を向くのが失礼だからという理由で、ハイヤーでは最近までフェンダーミラーのリクエストがあった。新しいところではトヨタJPNタクシーに残っているものの、現行型トヨタ・センチュリーはドアミラーだったりするだけに、風前の灯火だ。 2)手引きのサイドブレーキ  ハンドブレーキという名称もあるだけに、手でレバーをカリカリと引くのが基本だったが、気が付けば確実に減ってきている。ミニバンやトール系軽自動車では着座位置との兼ね合いで足踏み式だし、自動ブレーキの普及で電動化が進むことから、ボタンひとつの電動式に切り替わってきている。自動でブレーキをかけられるので、わざわざワイヤーで引っ張る必要はないというわけだ。 3)水温計  まだ残っているものの、メーター内のデザイン性のために消えつつあるという場合も多いのがこちら。暖まるに従って針が動くのは、確かに「クルマとの対話感」があっていいが、実際のところ、問題なければまったく動かないし、オーバーヒートすることもないため、不要と言っても差し支えない。規定値まで暖まると消える警告灯で十分ということだ。 カギやブレーキ、オーディオなども変化してきている 4)アナログのキー  軽の商用車や廉価グレードでも、スマートキー化されていて、キーを差し込むという行為は急激になくなっている。防犯性などを考えると仕方がないとはいえ、手先の動きと始動がリンクしているのはクルマ好きには楽しい瞬間だったりする。 5)オーディオ  細かく進化しているので具体的には紹介しないが、カセット、MD、CDなど、時代によって聴けるものがどんどんと変化。コネクトが広がってくると、いわゆる今までのオーディオすらなくなる可能性もあり、ラジオが聴けなくなる時代もやってきそうな気配だ。 6)ドラムブレーキ  こちらもじわじわと減っていて、理由は自動ブレーキなどとの制御が問題。細かく制動力を制御するには、やはりディスクブレーキのほうが有利で、肝心のコストも次第に差がなくなってきているというから、この傾向は続くだろう。 7)MT  最後は装備といってもかなり大きな部類だが、MT車は割合だけで言えば、2〜3パーセントぐらいと言われている。スポーツカーには必須だし、マツダもできるだけ用意するように努力はしているが、いかんせん売れなくてはメーカーもボランティアではないので、いつかは無くなってしまう。ただ、クルマというのはライフスタイルに大きく影響されるため、「じゃあ、MT車買うか」にはなりづらいのが難しいところ。
ナビゲーター

いしたんさん



おすすめコンテンツ