「長ネギ」にしか見えない鉱物が見つかる ブラジルで発掘された電気石

トレンド
予定日:2020年7月31日(金)11:00
味噌汁やラーメン、鍋料理などで活躍する長ネギ。日本ではお馴染みの食材だが、これが地球の裏側・ブラジルの鉱山で発掘されたとしたら、あなたはどう思うだろうか。 ネギにしか見えない(画像は神奈川県立生命の星・地球博物館提供) 「当館所蔵の長ネギです。・・・間違えました。電気石です」2020年7月26日、神奈川県立生命の星・地球博物館(神奈川県小田原市)の公式ツイッターは、上の写真とともにこうコメントした。緑と白のコントラスト、たしかにネギにしか見えない。だれかが落としていったネギが、そのまま化石になったのではないかと疑うほどだ。長ネギにしか見えない鉱石はツイッターで話題となり、「長ネギの化石って初めて見ました!!」「マジで長ネギじゃねーの?!」「うっかり冷凍庫に入れてしまい、気づいた時には冷凍焼けを起こしてた長ネギ」「どう見ても長ネギです(笑」といったコメントが寄せられている。学芸員「複雑な心境です」Jタウンネットは30日、生命の星・地球博物館で岩石を研究する、学芸員の山下浩之さんに詳しい話を聞いた。山下さんによると、この電気石がネギに見えると気づいたのは同館のツイッター担当者だという。【企画展「ゴンドワナ」紹介?】当館所蔵の長ネギです。・・・間違えました。電気石です。#11月8日まで公開中#生命の星・地球博物館https://t.co/AFwEEFim1m pic.twitter.com/eOu2R0xn4Z— 神奈川県立生命の星・地球博物館 企画展ゴンドワナ公式 (@seimeinohoshiPR) July 26, 2020
ナビゲーター

いしたんさん



おすすめコンテンツ