ビットコインのマーケット速報とテクノロジーとニュースのサイト

AMD、Ryzenの低価格モデルを発表

公開日:2022年3月22日(火)
米AMDは、Ryzenの低価格帯モデルを充実させ、99ドルからのRyzen 3 4100など6モデルを4月4日に発売する。
 
 AMDは2021年後半より市場シェアを落としているが、これは主力となるメインストリームや下位モデルが用意されていなかったという指摘がある。
今回の製品投入でシェア挽回を狙う目的があるとみられる。
 
 今回投入されるモデルは、Zen 3アーキテクチャをベースとした「5000」シリーズと、Zen 2アーキテクチャをベースとした「4000」シリーズの2種類に分かれている点は注意を要する。
また、このうちGPUを内包しているのは「Ryzen 5 4600G」のみで、そのほかのCPUについては別途ビデオカードが必要。
 
 「Ryzen 7 5700X」は299ドルで、コア/スレッド数は8/16、ベースクロックは3.4GHz、ブーストクロックは4.6GHz。
合計キャッシュ容量は36MBで、対応PCI Express(PCIe)は4.0。
 
 「Ryzen 5 5600」は199ドルで、コア/スレッド数は6/12、ベースクロックは3.5GHz、ブーストクロックは4.4GHz。合計キャッシュ容量は35MBで、PCIeは4.0。
 
 「Ryzen 5 5500」は159ドルで、コア/スレッド数は6/12、ベースクロックは3.6GHz、ブーストクロックは4.2GHz。合計キャッシュ容量は19MBで、PCIeは3.0。
 
 「Ryzen 5 4600G」は154ドルで、コア/スレッド数は6/12、ベースクロックは3.7GHz、ブーストクロックは4.2GHz。合計キャッシュ容量は11MBで、PCIeは3.0。
 
 「Ryzen 5 4500」は129ドルで、コア/スレッド数は6/12、ベースクロックは3.6GHz、ブーストクロックは4.1GHz。
合計キャッシュ容量は11MBで、PCIeは3.0。
 
 「Ryzen 3 4100G」は99ドルで、コア/スレッド数は4/8、ベースクロックは3.8GHz、ブーストクロックは4GHz。
合計キャッシュ容量は6MBで、PCIeは3.0。
 
 TDPは共通で65Wで、Ryzen 7 5700Xを除く5モデルにWraith Stealthクーラーが付属する。
 
 
Ryzen
ナビゲーター

いしたん
フィンテック企業で電子決済システムの開発を行っています。仮想通貨の開発、並列化プログラミングの実装を行い、情報通信技術を金融取引に応用し豊かな社会を創造する為に最新技術を実際に導入して研究開発を行っています。
関連キーワード
Ryzen (11)
Hz (9)
ベース (8)
PCIe (6)
キャッシュ (6)
容量 (6)
コア (6)
ブース (6)
MB (6)
スレッド (6)

みんなの口コミ




おすすめコンテンツ