ビットコインのマーケット速報とテクノロジーとニュースのサイト

中国の空港でCPUを全身にまとった「CPUマン」が摘発される

公開日:2022年3月17日(木)

3月9日、門の税関は、中央処理装置 (CPU) を隠している乗客の入場ケースを押収した。同日午前1時頃、曽容疑者という男が、公北港の旅行検問所に設置された税関 「無申告路」 を通って入国した。税関職員は彼の歩行姿勢が異常であることを発見し、検査のため彼を止めた。税関ではさらに調べた結果、CPU計160個と、ふくらはぎと腰、腹部の内側にテープで固定された折りたたみ携帯電話計16個が押収された。現在、この事件は関連法規に従ってさらに処理されている。税関は、個人が出入国する荷物は自分の使用量と妥当な量に限定し、税関監督の対象とすべきであることを再確認している。密輸に当たる個人の隠匿や物品の保管などで税関の監視を逃れた場合、税関は法律に基づいて法的責任を追及する。

 

CPUマン
ナビゲーター

いしたん
フィンテック企業で電子決済システムの開発を行っています。仮想通貨の開発、並列化プログラミングの実装を行い、情報通信技術を金融取引に応用し豊かな社会を創造する為に最新技術を実際に導入して研究開発を行っています。
関連キーワード
税関 (7)
CPU (4)
個人 (2)
中国 (1)
使用量 (1)
テープ (1)
男 (1)
3月9日 (1)
法律 (1)
ふくらはぎ (1)

みんなの口コミ




おすすめコンテンツ