ビットコインのマーケット速報とテクノロジーとニュースのサイト

チェルノブイリ原発で停電発生、最悪の場合、大爆発につながる恐れ。

公開日:2022年3月9日(水)

ウクライナ政府の発表によると、ロシア軍の攻撃により高圧送電線が破壊されたため、その先にあるチェルノブイリ原発で停電が発生している模様です。

 

チェルノブイリ原発には、使用済み核燃料貯蔵施設には約20,000個の使用済み核燃料があり、停電によって冷却が停止するとプール内の温度が上がって気化し、放射性物質が放出されヨーロッパ各地に広まることになると警告しています。

 

この停電は福島原発と同じことが起きようとしていて、電源が喪失し冷却できなくなると、水が水素と酸素に分解して水素爆発が起こるという最悪のシナリオが待っています。

 

水素爆発が起きると、原発の屋根が吹き飛びヨーロッパ各地に放射能物質が撒き散らされてしまうことになります。

一刻も早く停電を復旧し冷却装置を作動させなければなりません。

 

ただロシア軍は電源復旧は行う予定が無いようです。

 

 

チェルノブイリ
ナビゲーター

いしたん
フィンテック企業で電子決済システムの開発を行っています。仮想通貨の開発、並列化プログラミングの実装を行い、情報通信技術を金融取引に応用し豊かな社会を創造する為に最新技術を実際に導入して研究開発を行っています。
関連キーワード
水素 (3)
チェルノブイリ原発 (3)
使用済み核燃料 (2)
各地 (2)
ロシア軍 (2)
最悪 (2)
電源 (2)
ヨーロッパ (2)
放射能 (1)
酸素 (1)

みんなの口コミ




おすすめコンテンツ