ビットコインのマーケット速報とテクノロジーとニュースのサイト

OracleがSolarisの新バージョンを発表

公開日:2022年3月5日(土)

Oracleは、Sun Microsystemsを買収した2009年に買収したSolaris OSの追加バージョンを開発した。

 

このOSの新バージョンはCommon Build Environment (CBE) と呼ばれる。OracleのシニアソフトウェアエンジニアであるDarren Moffat氏が今週説明したように、CBEには今後リリースされるSolarisリリースのプレリリースビルドが含まれているため、ベータ版に似ている。

 

これらのリリースはSupport Repository Updates (SRU) と呼ばれ、現在は毎月配布されている。Oracleの四半期ごとのCritical Patch Update (CPU) で提供されるセキュリティ修正は、すべてSRUで提供されます。

 

OracleのSolaris用ライセンスでは、すでにテストおよび開発、または個人的な使用が無償で許可されています。

 

しかし、Moffat氏が投稿で説明しているように、Oracleが無償で提供しているSolarisのバージョンは、SRUで提供されるすべての変更に対応しているわけではない。

 

そのためOracleは、継続的なリリースサイクルとSRUの月例リリースへの移行により、開発者が最近のアップデートを含むSolarisの無償ライセンス版を入手できなくなったため、新しいCBE製品は必要だと考えている。

Solaris
ナビゲーター

いしたん
フィンテック企業で電子決済システムの開発を行っています。仮想通貨の開発、並列化プログラミングの実装を行い、情報通信技術を金融取引に応用し豊かな社会を創造する為に最新技術を実際に導入して研究開発を行っています。
関連キーワード
Oracle (7)
Solaris (6)
SRU (4)
無償 (3)
CBE (3)
Moff (2)
ライセンス (2)
at (2)
OS (2)
バージョン (2)

みんなの口コミ




おすすめコンテンツ