ビットコインのマーケット速報とテクノロジーとニュースのサイト

インテルが開発しているGPUのロードマップを発表

公開日:2022年3月2日(水)

Intelは木曜日、投資家向けに将来のグラフィックスアクセラレーターのロードマップを発表し、統合グラフィックスと個別グラフィックスの境界を曖昧にする計画を明らかにした。

同社は、デスクトップ向けGPU 「Arc」 (開発コード名 「Alchemist」 ) を今年第2四半期に出荷すると述べた。Arc GPUは、それより前の第1四半期にノートPCに搭載される予定だ。ワークステーショングレードのコンポーネントは第3四半期に出荷予定です。

IntelのAccelerated Computing Systems and Graphics Groupでシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを務めるRaja Koduri氏は、投資家向けカンファレンスのために録音したスピーチの中で、 「当社は、すでに大手OEMおよびアドインカードベンダー各社で50件を超える設計上の成功を収めているパートナーから、非常に熱心な反応を得た」 と述べた。

Alchemist GPUは、Intelが今年発表するAlder LakeおよびRaptor Lakeプロセッサとともに出荷される。Intelの 「Arc」 GPUは、 「Battlemage」 という開発コード名のGPUを搭載し、次期プロセッサ 「Meteor Lake」 と次世代CPUアーキテクチャとともに出荷される。

Battlemage GPUは、CPUコアとサポート回路を含む他のチプレットと並んで、チプレットダイ (Intelではタイルと呼んでいる) として統合され、それらはすべて1つの大きなMeteor Lakeプロセッサパッケージに含まれる。このアプローチは、Intelが高度な製造ノードに移行していることを受けたものだ。高度な製造ノードでは、コンピュートタイルを垂直に積み重ねて高速な相互接続を通じて連携させることができる。

「Meteor Lakeは、タイル状のGPUを3 Dパッケージに統合することを可能にする全く新しいアーキテクチャだ。Koduri氏は、 「これは非常にエキサイティングなことで、統合されたグラフィックスの効率性とともに、離散的なグラフィックスクラスのパフォーマンスを提供することが可能になる」 と述べた。これは統合型とも個別型とも呼べない、グラフィックスの新しい分野だと同氏は言う。

Intel Arc
ナビゲーター

いしたん
フィンテック企業で電子決済システムの開発を行っています。仮想通貨の開発、並列化プログラミングの実装を行い、情報通信技術を金融取引に応用し豊かな社会を創造する為に最新技術を実際に導入して研究開発を行っています。
関連キーワード
GPU (8)
Intel (6)
グラフィックス (5)
Lake (5)
ARC (3)
ノート (3)
プロセッサ (3)
タイル (3)
Meteor (3)
パッケージ (2)

みんなの口コミ




おすすめコンテンツ