ビットコインのマーケット速報とテクノロジーとニュースのサイト

Apple からキーボード一体型のMacが出るかも

公開日:2022年3月1日(火)

Appleは、コンピュータとキーボードを一体化したデバイスの特許を出願した。それはすべてのコンピュータがかつてそうであったように見えませんか?

 

米国特許出願第20220057845号は 「入力装置内のコンピュータ」 を記載しているが、これはこの驚くべきイノベーションを視覚化する方法の一つにすぎない。もう1つは、コンピュータの上に固定された入力デバイスとして使用できます。哲学的な難問のようなものです。

 

Appleの特許詩人たちは、 「コンピューティング機器には、内部のボリュームと外部の表面を定義する筐体を含めることができる。入力コンポーネントは、外部サーフェスに配置できます。処理ユニットおよびメモリは、通信可能に結合され、内部ボリューム"内に配置され得る。

 

これはコンピュータを内蔵した入力デバイスなのか、キーボードを 「外部に配置」 したコンピュータデバイスなのか?

 

一方、こめかみの周りに少しでも灰色をしている人は、Commodore、Atari、Sinclair、さらにはAppleなどの企業のほとんどのマイクロコンピュータが、入力デバイスとコンピューティング内部の両方を1つの筐体に収めていた時代を思い出すかもしれない。特に2020年に 「Raspberry Pi 400」 として復活したことを考えると、現時点で特許を取得する必要があるとは思えない。

 

 

しかしAppleは、その平凡な若さを見直すだけではない。それが指摘しているように、 「従来、所望のレベルの性能を達成するためには、コンピューティング・デバイス内に大型または大型のコンピューティング・コンポーネントが必要とされてきた」 ので、 「そのようなコンピューティング・デバイスのハウジングは、したがって、比較的大きなまたは中断されない内部ボリュームを含む設計に制約された」 。

 

 

 

MSX
ナビゲーター

いしたん
フィンテック企業で電子決済システムの開発を行っています。仮想通貨の開発、並列化プログラミングの実装を行い、情報通信技術を金融取引に応用し豊かな社会を創造する為に最新技術を実際に導入して研究開発を行っています。
関連キーワード
コンピュータ (6)
Apple (5)
コンピューティング (5)
デバイス (4)
内部 (4)
入力デバイス (3)
キーボード (3)
ボリューム (3)
外部 (3)
大型 (2)

みんなの口コミ




おすすめコンテンツ