ビットコインのマーケット速報とテクノロジーとニュースのサイト

中国のArm社長、Nvidia買収の失敗に満足

公開日:2022年2月25日(金)

Armの中国合弁企業Arm Chinaの会長兼CEOであるAllen Wu氏は、NVIDIAがArmを買収しようとしている試みが失敗することは、世界のテクノロジー業界にとっても中国にとっても良いことだと考えている。

 

先週末に発表されたXiamenを拠点とするJW Insightsとのインタビューの中で、Wu氏はArmの運命がサプライチェーンにおける同社に関連するすべてのライセンシーと製造業者に影響を及ぼすと強調した。そのため同氏は、ARMのオーナーである日本のソフトバンクが考案した、プロセッサ設計会社を株式市場に上場させる計画を歓迎した。そうすることで、プロセッサ設計会社の独立性と将来を守ることができるからだ。

 

Wu氏の発言は、独立した上場企業であるArmの方が 「中国の業界に適している」 と示唆したことから、ある程度の自己利益を示したものでもある。

 

同氏はさらに、大手IT企業が同業他社や競合他社と合併や買収を行うことが可能かどうかについて考えを巡らせ、そのような取引は非常に複雑になっており、世界中の規制当局を満足させることは難しいと結論づけた。Wuは、Arm Chinaの設立時にArmが行ったように、知的財産のライセンス供与に基づく提携を行うことを推奨している。

 

この時点で、The Registerは、2020年にWuがArmによってArm Chinaから解雇されたが、彼は行くことを拒否したことを読者に思い出させなければならない。Arm ChinaはArmの少数株主であり、公式文書を所有しているため、Wuはその地位を維持することができた。Armは、私たちが最後に確認したとき、まだWuを削除することを望んでおり、それを達成するために北京と協力していました。

 

 

ある業界ウォッチャーが昨年言ったように、Arm Chinaは 「完全にならず者」 であり、独自の研究開発アジェンダを追求する独立企業として活動しており、時には非アーム技術を探求することさえある。

ナビゲーター

いしたん
フィンテック企業で電子決済システムの開発を行っています。仮想通貨の開発、並列化プログラミングの実装を行い、情報通信技術を金融取引に応用し豊かな社会を創造する為に最新技術を実際に導入して研究開発を行っています。



おすすめコンテンツ