ビットコインのマーケット速報とテクノロジーとニュースのサイト

Binance、名誉毀損で訴えたForbesに2億ドルを投資

公開日:2022年2月14日(月)

Forbesは、 「世界最大の暗号通貨およびブロックチェーンのインフラプロバイダーの一つ」 であるBinanceが 「象徴的なビジネス情報ブランド」 の一部を所有するために2億ドルを投資すると発表した。この資金は、Forbesが特別目的会社SPACと合併して上場するために設定した4億ドルの未公開株式投資契約 (PIPE) の一部だ。

 

この契約は興味深いマイルストーンとなり、Web 3企業がTime WarnerとAOL、AT&TとTime Warner、VerizonとAOL、...のような 「メディアアウトレットを買おう」 という時代に到達したことを示している。

 

しかしこの取り決めは、BinanceとForbesを結びつけるものでもある。Forbesは2020年に名誉毀損で訴えたメディアで、Binanceの 「手の込んだ企業構造」 は 「規制当局を欺き、米国の暗号投資家から密かに利益を得るように設計されている」 ことを示唆する記事によって数百万ドルの損失を被ったと主張している。Binanceは昨年初めにこの訴訟を取り下げており、記事はForbes.comで入手できる。同社は当時、「Binanceは、2020年10月29日付けのForbesの記事は虚偽で誤解を招くものであると固く信じ続けている。」と述べていた。

 

ナビゲーター

いしたん
フィンテック企業で電子決済システムの開発を行っています。仮想通貨の開発、並列化プログラミングの実装を行い、情報通信技術を金融取引に応用し豊かな社会を創造する為に最新技術を実際に導入して研究開発を行っています。



おすすめコンテンツ