ビットコインのマーケット速報とテクノロジーとニュースのサイト

パンケーキ屋からマイニング屋へ業態変更

公開日:2021年11月8日(月)

カリフォルニアにあるネイツという上場企業は時価総額最大になったビットコイン(BTC)のマイニングを開始したと発表しました。

 

ネイツは缶詰入りのパンケーキとワッフルを販売する会社だったのですが、500TH/sでビットコインをマイニングできるBitmainを使って1500TH/sまで増強して1ヶ月で1万7060ドルの収益を目指すようです。

 

ネイツの事例は、他の業界からマイニングや暗号資産関連の事業へ方向転換した企業の一例ですが、中国での取締でマイニングの競合が減ることで、マイニングに転換を検討する会社が増えているそうです。

 

ナビゲーター

いしたん
フィンテック企業で電子決済システムの開発を行っています。仮想通貨の開発、並列化プログラミングの実装を行い、情報通信技術を金融取引に応用し豊かな社会を創造する為に最新技術を実際に導入して研究開発を行っています。



おすすめコンテンツ