ビットコインのマーケット速報とテクノロジーとニュースのサイト

SMBC日興證券が相場操縦の疑いで証券取引等監視委員会が強制調査

公開日:2021年11月3日(水)

SMBC日興證券の社員が特定銘柄の株価を維持する目的で不正な株取引を繰り返していた可能性があるということで、証券取引等監視委員会は金融商品取引法違反(相場操縦)の容疑で関係先として東京都千代田区の本社を強制調査しました。

 

証券取引等監視委員会は検察当局への刑事告発を視野に調査を進めているということです。

 

SMBC日興證券では「調査を受けていることは事実だがコメントは控える。調査に引き続き協力していく」と発表しています。

 

調査を受けている取引は「ブロックオファー」で、上場企業の大株主が保有する株を手放す際に証券会社が株を引き取り、時間外の相対取引を通じて特定の投資家に転売する取引です。

 

ナビゲーター

いしたん
フィンテック企業で電子決済システムの開発を行っています。仮想通貨の開発、並列化プログラミングの実装を行い、情報通信技術を金融取引に応用し豊かな社会を創造する為に最新技術を実際に導入して研究開発を行っています。



おすすめコンテンツ