ビットコインのマーケット速報とテクノロジーとニュースのサイト

PayPay戦国時代、手数料有料化で新たな試練へ

公開日:2021年10月18日(月)

PayPay が2021年10月から決済手数料を有料化した影響を調査会社のMMD研究所が調査しました。

 

PayPayはスマートフォンでバーコード決済ができる決済手段ですが、個人経営の中小加盟店のうち21.8%がPayPayを解約したいと思っているそうです。

 

理由は決済手数料の重さ。PayPayの決済手数料は3.24%で100万円の売上が上がると32,400円の決済手数料が発生します。

 

個人商店や赤字で運営している店舗にとっては32,400円って結構大きいような気がします。

 

9月末で緊急事態宣言が解除され、飲食店戦国時代に突入、更には11月には休業補償金なども廃止され、バイトの求人でも働き手を見つけることができない状態で、この先ボクタチはどうやって生きていけば良いんでしょうか。

 

やはり、決済手数料がかからず、売上もごまかせる現金至上主義が好まれるようですね。

 

 

ナビゲーター

いしたん
フィンテック企業で電子決済システムの開発を行っています。仮想通貨の開発、並列化プログラミングの実装を行い、情報通信技術を金融取引に応用し豊かな社会を創造する為に最新技術を実際に導入して研究開発を行っています。



おすすめコンテンツ