ビットコインのマーケット速報とテクノロジーとニュースのサイト

韓国の70箇所の仮想通貨取引所が停止させられる恐れ

公開日:2021年9月27日(月)

韓国の金融サービス委員会は2021年4月に国内すべての仮想通貨取引所はアンチマネーロンダリング組織「韓国金融情報分析院」に登録しなければならないと発表しました。

 

手続きの期限は9月24日で手続きには銀行との提携や顧客確認の要件を満たしていること、口座を顧客の実名で解説していることなどが条件となっています。

 

現在登録を完了しているのは4つの取引所でアップビット、ビッサム、コインワン、コルビットのみで40箇所の取引所は登録作業すら行っておらず24日には運営を停止する可能性があるとしている。

 

他の28の取引所は韓国金融情報分析院に登録しているものの銀行との提携ができていないなど、条件を満たしていない状態となっているそうです。こうした取引所は部分的には営業を続けることができるが韓国の法定通貨ウォンでの決済ができなくなるようです。

 

9月24日の期限以降、未登録の暗号資産取引所のウェブサイトは政府によってブロックされると警告されています。

 

 

ナビゲーター

いしたん
フィンテック企業で電子決済システムの開発を行っています。仮想通貨の開発、並列化プログラミングの実装を行い、情報通信技術を金融取引に応用し豊かな社会を創造する為に最新技術を実際に導入して研究開発を行っています。



おすすめコンテンツ