ビットコインのマーケット速報とテクノロジーとニュースのサイト

コインベースが仮想通貨の融資サービスの提供を中止

公開日:2021年9月22日(水)

みなさんも良くご存知のコインベースが6月に発表していた仮想通貨の貸付サービスの提供を中止する事が9月17日にわかりました。

 

この仮想通貨の貸付サービスですが、米証券取引委員会が「有価証券」との指摘を下したことにより、サービス提供を中止せざる負えなくなったとのことです。

 

米証券取引委員会に指摘された内容は、ユーザーがコインベースにUSDCoinを貸し出すと、年利4%を得られる「CoinbaseLend」というサービスです。

 

コインベースはサービス提供に当たり半年以上米証券取引委員会と協議を進めてきたそうですが、米証券取引委員会は有価証券に当たる理由をコインベースには説明しないまま、財務報告書に関連する違反を犯している企業に通知する「ウェルズ通知」を送付したことがわかりました。

 

これらのことから、コインベースは今回のサービスは断念せざるを得なかったようです。

 

米証券取引委員会は昨今の仮想通貨に対する扱いに手を焼いているようで、新しいサービスなどは一切認めない方針のようです。

 

ナビゲーター

いしたん
フィンテック企業で電子決済システムの開発を行っています。仮想通貨の開発、並列化プログラミングの実装を行い、情報通信技術を金融取引に応用し豊かな社会を創造する為に最新技術を実際に導入して研究開発を行っています。



おすすめコンテンツ