ビットコインのマーケット速報とテクノロジーとニュースのサイト

KDDIがSpaceXと衛星通信サービスStarlinkをau通信網に採用することで提携

公開日:2021年9月17日(金)

KDDIはイーロン・マスク氏の率いるSpaceXの衛星通信サービス「Starlink」を au基地局のバックホール回線として使用する契約を締結したと発表しました。

 

バックホール回線とは基地局同士や交換局と接続する回線で、これまでサービスが提供されていなかった山間部や島嶼部へのサービス提供や災害時の迅速な回線復旧を想定したネットワーク構築を目指すとのことです。

 

KDDIは2022年度から全国1200箇所へ順次導入していく予定です。

 

Starlinkは静止衛星に比べて地表からの距離が近いため、低遅延で高速な通信を実現できるサービスで、すでに1500基の衛生を運用しており、ユーザー数は10万人を超えているとのことです。

 

KDDIはこれまで光ファイバーで基地局同士を接続していましたが、Starlinkを使用することで光ファイバーが引けなかった山間部や島嶼部で基地局を設置してサービスエリアを広げることができるとのことです。

 

この提携に先立ち、KDDIは総務省より実験試験局免許の交付を受け、Starlinkの衛星通信と地上のインターネット網を接続する拠点として山口衛星通信所にゲートウェイ局を構築しました。

 

Starlinkが提供している地球低軌道方式を使用した通信サービスは他にも存在しており、ソーラー発電の電気飛行機を浮かべて基地局とするOneWebとソフトバンクが提携していたり、低軌道衛生からスマートフォンに直接電波を飛ばすAST Space Mobileに楽天モバイルが出資していたりで、携帯電話を使った宇宙戦勝が始まっているようです。

 

空からデータが降ってくる時代となると、もう都内でも光ケーブルを引かなくても通信ができる時代が来そうですね。

 

ナビゲーター

いしたん
フィンテック企業で電子決済システムの開発を行っています。仮想通貨の開発、並列化プログラミングの実装を行い、情報通信技術を金融取引に応用し豊かな社会を創造する為に最新技術を実際に導入して研究開発を行っています。



おすすめコンテンツ